すくすくkidsクリニック

  sukusukukids clinic

 TEL 042-451-3027 

経鼻インフルエンザワクチン(フルミスト)について

フルミスト(経鼻インフルエンザ生ワクチン)の接種方法は、鼻の中に液を噴霧するワクチンなので、従来のインフルエンザ不活化ワクチンの皮下注射と異なり痛みはありません。
しかし、国内未承認の輸入ワクチンであるため、公的な保証制度は適用されません。そのため、健康被害が起こった場合、重篤な場合も含めて自己責任となります
その点をご理解の上、接種していただくようお願い致します。
 

接種ができない方

1,2歳未満、50歳以上の方
ただし当院で接種可能な年齢を3歳以上18歳以下とさせていただきます。
 
2,5歳未満の方で、喘鳴(ゼーゼー)歴があった方や、1年以内に喘息発作のあった方
 
3,心疾患、肺疾患、喘息、肝疾患、糖尿病、貧血、神経疾患などの慢性疾患を持っている方アスピリンを服用中の方
 
4,重度の卵アレルギーやゼラチンアレルギー、ゲンタマイシン、アルギニンアレルギーの方
 
5,現在、風邪をひいていたり、鼻炎のひどい方
6,ギランバレー症候群に罹患したことがある方
 
7,9歳未満で、今まで一度もインフルエンザワクチンを接種したことがないか、または、インフルエンザに罹患したことがない方
 
 

説明・注意事項

 
 フルミストはA型2種類、B型2種類の4種類の株が入っています。通常のインフルエンザ不活化ワクチンと同じです。直接鼻腔に免疫をつけることが可能であるため、従来の不活化ワクチンで得られる抗体以外の気道粘膜で免疫を誘導することが可能になり、予防効果が高いと考えられます。生のウイルスを弱毒化した生ワクチンであるため、流行するインフルエンザと株が違っても、効果が出て発症を軽症化させることが期待できます。
しかし、100%かからないということではありません。また、従来の不活化ワクチンの予防効果が5ヶ月程度であるのに対し約6ヶ月以上有効とと言われており、効果が長く持続することが期待できます。
 
 当院での接種回数は1人1回です。
料金は、8,000円(税込)です。
他の予防接種との同時接種は行っておりません。
 
 生ワクチンですので、他の予防接種は、フルミスト接種後28日以上間隔をあけてください。30〜40%の方は、接種後3日〜7日まで鼻炎症状が出現し、その他、咽頭痛、咳など軽い感冒症状を数日認める場合があります。
 他のワクチン同様、ごくまれに、発疹、じんましん、アナフィラキシーショック、ギランバレー症候群などの重篤な副反応を起こす可能性は否定できません。
 
 当院では、他のワクチンとの同時接種は行いません。なぜなら、国内承認済みのワクチンは公的な保証制度がありますが、フルミストと同時接種を行った時、万一予防接種による健康被害が生じた場合、補償が受けられなくなる可能性があるからです。
 フルミストは2003年にアメリカ食品医薬品衛生局(FDA)に認可されたワクチンで、アメリカでは10年以上の安全な実績があります。
 2011年からヨーロッパでも認可され発売されておりますが、日本では未承認です。現在、第一三共が申請中です。